絶対に覚えておきたい詐欺行為!騙されてからでは遅い

amazonギフト券の売買または買取りにおける詐欺の発生件数は被害者が申し出た数だけでもおよそ2割といわれております。
ギフト券の換金行為自体がamazon.jpでは認められていないことや利用される金額の多くが小額であることなどから被害を訴える人が少ないと考えられます。
もともとギフト券自体の売買は公には認められていませんが厳しい規制等も設けられていないのが現状です。
さらにアマゾンのサイトではギフト券などの買取や売買における詐欺行為にご注意くださいと謳っております。
つまり、そういった行為があるということは認識してますが取り締まることはしません。または出来ませんのでご自信で注意して下さいね。
と、いう事ですから詐欺行為自体がもしくは詐欺行為を働く業者などが減るわけがありません。
減るどころか新しい手口を巧妙にして今もネット上でのさばっていることでしょう。

そういった、背景からも詐欺を撲滅するのは正直難しいかもしませんので、ギフト券詐欺の手口を学ぶことで自身の売買をする際の防御策としてもらいたいものです。
ですが1ついえるのは手口を知ったから100%安全ではないということです。

前述でも申し上げた通り、詐欺の方法は沢山考えられています。

ですので、安心できるから大丈夫と鷹を括らずに最後まで疑うことも必要です。

騙されない為には手数料が本当か、換金率は間違いなく適応されるのか先に確認しておきましょう。
また、写真などの画像でギフト券の番号などは決して送付してはいけません。

ですので本人確認やギフト券などの証拠などと称して写真を求められたときは必ず隠すようにしましょう。
その行為自体を業者から咎められたとしたら即キャンセルです。
騙される可能が非常に高いですからやめましょう。