初めての外壁リフォーム!?外壁塗装のポイントなどを初心者にもわかりやすくご紹介!

こちらのサイトは、これから外壁塗装をやることになったときに塗装工事のポイントについて初心者の方でも分かりやすくご紹介しています。
塗装に使う塗料は一般塗料や機能性塗料などの種類があるのですが、ここでは一般塗料に着目してどのような種類があるのかそれぞれの特徴・メリット・デメリット・コストなどについて解説してあります。
また、塗装業者を決める前にやるべきことは、3社から5社を目安に相見積もりを取ることで業者の良し悪しなどを把握することができます。

初めての外壁リフォーム!?外壁塗装のポイントなどを初心者にもわかりやすくご紹介!

外壁塗装は外壁リフォームの一つですが、外壁リフォームは塗り替え・張り替え・重ね張り(カバー工法)の3つのやり方があります。
外壁塗装は塗り替えによるリフォーム工事の総称で、足場を設置してから高圧洗浄や下地調整を経て下塗り剤・中塗り・上塗りの3~4回の重ね塗りを行い外壁部分に塗膜を形成させるのが特徴です。
他の方法と比べると手間はかかるけれども、既存の外壁の状態を良好なものにしてから再塗装を行うので耐久性が高いとされます。

そもそも外壁塗装の目的とは何か?

外壁塗装といえば何となく必要で、誰もがやっているから自分もという感覚の人が多いのではないでしょうか。
そもそも外壁塗装は建物の外側を守るコーティングの一種で、外壁が直接ダメージを受けないようにする為に行うのが目的です。
外壁塗装は代わりに紫外線や排気ガス、雨風といったダメージを受けてくれるので、施工から時間が経つほどに劣化していきます。
10年に一度塗り替えが必要なのもその為で、外壁塗装の目的と重要性を理解して、定期的に塗り替え工事をすることが大切です。
塗料は防水性能を有していますから、雨水の侵入を防ぐという大事な役割も併せ持ちます。
近年は遮熱のような機能が持たせられている塗料もあるので、施工すると住環境の快適性も高まる結果に繋がります。
いずれにしても基本は建物を守る為のもので、外観を好みの色や質感に仕上げる意味もありますが、重要性でいえば劣化を防ぎ建物を長持ちさせる為と捉えるのが正解ではないでしょうか。

外壁塗装の目安が10年といわれている理由は?

外壁塗装は一般的に10年を目安に工事をする必要があるといわれていますが、その理由については誰しも気になるところではないでしょうか。
10年なのは塗料の寿命が平均してそれくらいだからで、長持ちする塗料を使って外壁塗装を行えばそれ以上持ちます。
ただ、中には安価で耐用年数が低い塗料もあることから、平均して10年となっているわけです。
外壁塗装は劣化が進むと建物の守りが弱まり、外壁や構造体にも影響が出始めるので、早めに塗り替え作業を済ませるのが望ましいです。
その為、10年というのは多少余裕を持たせて設定されている年数だといえます。
実際には環境やダメージの進行によって外壁塗装の状態は違ってきますし、複合的な要因で早くダメージが進んでいるケースもあるので、一般的に考えられている年数はあくまでも目安です。
大切なのは5年目くらいからこまめに状態の変化を確認したり、大きな劣化が見られたらそのタイミングで塗り替えの検討を始めることではないでしょうか。

外壁塗装のサインといわれている白亜化とは?

外壁塗装工事の塗り替えを検討するサインの1つといわれている白亜化は、具体的にどのような症状なのでしょうか。
白亜化は名前のように外壁塗装が白っぽく変化するのが特徴で、実際に触れると手に白い粉がつきます。
これは塗料の劣化による性質の変化で、ひび割れて粉状に細かくなり、外壁塗装としての性能が維持できないサインとなります。
本来であれば適度な柔軟性を保ち、気温の変化による外壁の膨張や収縮にも追従しますが、粉状に劣化すると膨張や収縮に耐えられず雨水などの水分の浸入を許してしまいます。
このような劣化が起こる主な原因は紫外線で、合成樹脂を含有している塗料の避けることができない劣化要因です。
他にも排気ガスだったり、酸性雨も外壁塗装を傷ませますから、これらの影響を受けやすい壁面には特に注意が必要です。
イメージ的にはチョークの粉のようなもので、指で触れてチョークが手についたような感覚を覚えた場合は、塗り替えのサインとして速やかに工事を検討するべきではないでしょうか。

劣化した外壁を外壁塗装をせずにそのまま放置しておくと?

劣化した状態の外壁を外壁塗装せずに放置していると、雨水が壁内に浸入して建物の信頼性に影響を与えるのではないでしょうか。
外壁塗装は建物の外観を仕上げる目的だけでなく、雨水などのダメージから守るバリアーのような役割も担います。
その為、劣化すると隙間ができて浸入を許してしまい、ダメージが外壁から内壁へと進行することになります。
早めに対処すれば影響は最小限に抑えられますが、外壁塗装を後回しにしたり先送りすると、目に見えないところで建物の傷みが進んでしまいます。
雨漏りの跡を見て雨水の浸入に気がついたり、かび臭さを切っ掛けに内壁を調べると外から水が入り込んでいたと気がつくことになり得ます。
いずれにしても、外壁塗装をしない理由はありませんし、軽視しても良いことは何もないので注意が必要です。
放置すればやがて建物は大きく傷み、塗り替え工事よりも大きな修繕費用が発生することになるので、コストを抑える意味でも早めの工事が必要なのではないでしょうか。

外壁塗装や屋根塗装は足場をそれぞれ設置するリフォーム

外壁塗装と屋根塗装は同じように塗装をすることになりますが、塗料を塗る場所が違います。
外壁塗装の場合は外壁の部分に塗料を塗ることになりますし、屋根塗装の場合は屋根の部分に塗料を塗ることになりますから、その点で大きな違いがあるはずです。
しかしどちらも同じように作業をする前に、足場を用意しなければいけない特徴があります。
塗料を塗るときに職人さんが安全に作業をしていくことができるように、足場の組立てを最初にすることになりますから、その点を事前に理解しておくと安心です。
外壁塗装の場合はそのような存在は必要ないのではないのかと考えてしまうかもしれませんが、日本の住宅は一般的に二階建てになっていることが多いので、適切に塗料を塗っていくには必ず必要になると考えておいて問題ありません。
全体的に手が届く小さな小屋などであれば、そもそも自分で塗料を塗ることができる可能性が高いので、プロの力を借りる必要もないのかもしれないです。

飛び込み営業による外壁塗装業者は避けた方が良い?

外壁塗装業者にもいわゆる飛び込み営業というものがありますが、やはり避けた方が良いのか気になるところではないでしょうか。
結論からすると絶対に避けるべきとは断言できないものの、警戒して対応にあたった方が良いのは確かです。
対応の基本は安易に家に上げないこと、必ず名刺を受け取り実在する会社かどうか確認することが大前提となります。
家に上げてしまうとしつこく契約を迫られる恐れがありますし、場合によっては脅迫まがいの強引な手法で契約書にサインさせられる可能性があります。
また名刺を受け取らないと訪問した外壁塗装業者に関する情報が手元に残らないので、相手が名刺を差し出す様子がなくてもこちらから催促して受け取ることが大事です。
飛び込み営業は比較的新しい、新興の外壁塗装業者も行うことがありますが、高額な工事を売りつけようとする悪徳な業者もあるので注意が必要です。
外壁塗装業者を安心して選びたいのであれば、自分で情報を集めてこちらから問い合わせ、相談をするのが無難ではないでしょうか。

外壁塗装工事は2週間が目安で天候次第で長引くこともある

外壁塗装をする場合、どれぐらいの時間がかかるか気になるところです。
塗装する場合の期間はどの会社でも大体に通っており、一般的には2週間位とされています。
ただ、例外があることも知っておきましょう。
具体的には、天候によって変わってくる可能性が高いです。
一般的には2週間と言われているものであっても、雨の日が続く場合には、その間作業ができない可能性が高いです。
三日間雨が降り続いて作業どころではない場合には、当然1週間ではなく20日近くの時間を考えておかなければなりません。
それ以外に考えられる外壁塗装の延長の理由があるとすれば、業者が作業工程を間違えてしまった場合です。
あまりこのような事はありませんが、初心者が行っており監督者がしっかりしていない場合にはそのようなことが充分あり得ます。
いい加減に作業をされるよりも、しっかりとやり直しをしてくれた方がありがたいといえますので、それはそれで良いと言えるかもしれません。

外壁塗装工事は多少の雨のときなら作業ができる工程もある

外壁塗装工事をする場合、毎日天気が晴れている場合であれば何ら問題はありません。
天気が良い日でも夏の日などは外壁塗装をするのはなかなか大変です。
やはり気温が高いとそれだけ集中力がなくなるだけでなく、作業効率が悪くなるのです。
自宅でエアコンをかける場合は会社でエアコンをかける場合は、快適に過ごすことができる一方で、仕事や勉強の作業効率を高めると言う意味合いもあるわけです。
そのような意味では、外で行う仕事は気温の高さによってもずいぶん左右されるかもしれません。
作業工程で遅れがちなのは、雨が降っている場合といえます。
天候は人間の力で変えることができませんので、雨が降っている場合は中断をしなければいけないこともあります。
小雨ならば多少そのまま進めても問題ありませんが、誰が見ても雨が降っている状態と言うのは、なかなか難しいものです。
この場合は無理をして作業するのではなく、一旦ストップをしておくことが大事です。

大手よりも近くの地域密着型の外壁塗装業者を選ぶのが良い理由とは?

外壁塗装会社を選ぶ場合はどのように選んだらよいか気になるところです。
基本的に外壁塗装会社を選ぶ場合は本当は、地域密着型が良いかもしれません。
1層の会社と言うのは、地域密着の方が色々とサービスをする可能性があります。
例えば、近くに会社がある場合は距離が短いため何か要望がある場合すぐに飛んできてくる可能性が高いと言えるかもしれません。
もちろんすべての会社がそのようになっているわけではありませんが、やはり場所が近いと言う事はそれだけ急行してくれる可能性はあります。
後は、予想以上に安くしてくれることもあるかもしれません。
それは、自分が住んでいる市町村がその近くに会社があるところを選ぶのが良いです。
これにより、何かとお得なことがありますので、いちど試してみるのが良いです。
後は、よく比較することも重要になります。
1つの会社だけを選ぶ方法はありますが、何もよくわからない時は2つ以上の会社をよく比較してみることが重要です。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装のポイント

こちらのサイトは、これから外壁塗装をやることになったときに塗装工事のポイントについて初心者の方でも分かりやすくご紹介しています。塗装に使う塗料は一般塗料や機能性塗料などの種類があるのですが、ここでは一般塗料に着目してどのような種類があるのかそれぞれの特徴・メリット・デメリット・コストなどについて解説してあります。また、塗装業者を決める前にやるべきことは、3社から5社を目安に相見積もりを取ることで業者の良し悪しなどを把握することができます。

Search