ファクタリングとは?どのような時にファクタリングが有効?

急ぎで現金を確保したい時に便利な「ファクタリング」というのをご存じでしょうか。

ファクタリングとは、売掛債権を即座に現金化する方法で、個人事業主や中小企業の資金調達の方法のひとつです。

社長の個人名義のクレジットカードを使って、ショッピング枠を現金化するという方法もあるものの、さまざまなリスクもあるためファクタリングの方が安全です。

例えば請求書は売掛債権となり、先方へ請求書を発行すれば将来お金が入ってくるものの、その時点では現金ではありません。

その為、たくさん請求書を発行したタイミングは売掛債権が多くなり、その分現金は少ない状況ということになります。

そうなると、個人事業主や中小企業など資金が潤沢ではないような場合には資金繰りが厳しくなってしまうことがありますが、ファクタリングはそのような場合に請求書を現金化することができるため、一時的に資金繰りが厳しく現金がすぐに必要という場合に非常に有効な手段です。

詳しく調べてみましょう

ファクタリングは、ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらい、売掛債権の額から手数料を引いた現金を受け取れるという金融サービスです。

手数料はかかってしまいますが、どうしても現金が必要となる場合には覚えておきたい選択肢の一つです。

ファクタリングにかかる手数料は、ファクタリング会社によって異なりますが、中には悪徳なファクタリング会社も存在している為、ファクタリングを行う際にはきちんとファクタリング会社を選ぶことが非常に重要です。

ファクタリングを活用すべき状況としては、一つ目は急な支払いが増えてしまった場合です。

例えば製造業であれば、急に受注数量が大きく増えた際には、受注分の生産を行うためはじめに多くの材料費や外注費などの支出が発生してしまいます。

それらの費用をかけた製品を販売しても売掛金回収は少し先であるケースが多いため、次の製品を作るための現金が足りないという状況が生まれやすくなります。

そのような場合にはファクタリングによって売掛金を現金化することで以降の生産を続けていくことが可能です。

二つ目は、何らかの投資を行うために銀行から融資を受けようとしている場合です。

銀行からの融資は金利も低く手数料を抑えるために有効ですが、融資の申込から融資実行までに時間がかかってしまうケースも少なくありません。

一方で投資を急ぎたいような場合にどうしてもすぐに現金が必要だという場合には、ファクタリングが有効です。

ファクタリングは資金繰りに厳しい場合に非常に有効な手段です。

多少の手数料はかかってしまうものの、現金が足りずに困るような状況の場合には手っ取り早く確実に現金化することが可能です。

コメントを残す